ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記

アクセスカウンタ

zoom RSS 嗚呼、涙の修士論文 (残り17日) depressed by the dissertation

<<   作成日時 : 2011/08/16 05:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 5

画像


最近、しょぼくれた顔をしている修士の友人によく出会う。理由はいわずもがなの、「Mr.D(もしくはMrs.D)」つまり
Dissertationそう修士論文。いよいよ9月1日の締め切りまで残り20日を切り、校閲にあたるプルーフリーディングをする時間も考えると実質2週間ほどしか時間がない。それで、切羽詰って、追い詰められている院生がたくさんいるというわけだ。

早く取りかかって、もう既に提出した院生もいれば、まだ1−2割しか書けていないという院生もいて、その進捗状況は千差万別。しかもインターンをするために延長を申請している学生もいるので、個々にかかっているプレッシャーも結構個々人の状況によって違う。自分のケースでいえば、8月の頭に一応、第一草稿を出して、そこでスーパーバイザーにアドバイスをもらったという意味では、平均的なペースではあるけれど、それ以降、スーパーバイザーは休暇に入ってしまい、誰からもアドバイスをもらえない点、ちょっと骨を折るところはある。そして、スティーブンが残していった60にも及ぶコメント群すべてに答えるのは、なかなか大変。はあ。もっと頭が切れればなあ、とマラウイのダイアルアップ回線並みに、スローな自分の脳みその処理能力を呪う。

5月の試験以降、みな修士論文に取り組んできたわけだけど、8月に入って、眼に見えて院生を取り巻く空気が変わった。一言で言えば、みんなに焦りが出てきた。パーティーなどに誘っても、「修士論文が進まないから今回はやめとくわ」と言われることも増えた。寮や家に引きこもって、顔を見なくなる友人も増えた。カウントダウンが始まって、ゴールが見えてきたからか、論文に悩まされ、睡眠不足になるなど、精神的に疲労する同級生も増えてきた。「論文はどう?」なんて、声をかけると、「今、私に論文の話はしないで」と涙ながらに言われることもある。たかが論文、されど論文、なかなかに当事者たちは大変なのです。

最近になって、体調面の問題や就活との兼ね合いなどで、期限の延長を申請する友人もけっこう出てきた。修士レベルの論文で体を壊しても仕方ないし、それで納得のいくものが書けるなら、個々人の判断で決めればいいと思う。自分も延長した方が良いものはかけるかな、と考えたりすることもあるけれど、自分の場合は、どうせこの寮にも9月1日までしかいられないし、締切日は、自分にとってちょうどいい区切り(誕生日なので)なので、期間内に何とか終わらせられたらと思う。無事に終わったら、きっと美味しいビールで34回目の誕生日を祝えるんじゃないかと思う(その晩は、最高のつまみを自分で作って、最高のワインとビールを買ってきて、うちの寮で最後のドンちゃん騒ぎをやろうと計画中・・・!)。そのためにも、今日もサボらずにしっかりとやらないと。

でもご飯食べると眠いんだよね。そして、なまじUEAではどこでもネットにアクセスできるので、気を抜くと原稿を書く手が止まって、ヤフーニュースでサッカーニュースをみたりしてしまったり・・・。そう、来週宮市がリバプール戦でデビューできるのかな〜なんてことをボーっと考えたり。あと10日あまりで、書けるかな・・・。あまり自信はないけれど、誰か、奇特な人がいたら、叱咤激励してください。何もお返しできないけれど、帰国後に英国産キッシュでも作ってあげます。

そうそう、校閲にあたる、プルーフリーディングを頼む相手も決まりました。日本に6年間滞在経験もあるUEAのOGの女性で、彼女に100ポンドほどで、校正を頼むことにしました。たぶん料金は平均くらいです。岩手に住んだこともあるとても気のいい女性で、英語力が心もとない自分としては、心強い限りです。校正に2−3日はかかるので、だからどれだけ遅くても8月28日には、完全原稿を出さないと。元新聞記者の悪い癖が抜けない自分は、締め切り間近にならないとエンジンがかからないという傾向がありますが、いや、そんな悠長なことはいってられないので、明日から(いつものことですが)がんばります。とりあえず20日のアーセナル対リバプール戦で宮市のデビュー(出るか分かりませんが)を観戦できるように、がんばりマスロバル。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
scarpe hogan
Howdy. Very nice site!! Guy .. Excellent .. Wonderful .. I will bookmark your web site and take the feeds also…I am glad to locate so much useful information here in the post. Thank you for sharing. ...続きを見る
scarpe hogan
2013/04/20 20:15
sac louis vuitton
Interesting articles on information like this is a great find. It’s like finding a treasure. I appreciate how you express your many points and share in your views. Thank you. ...続きを見る
sac louis vuitton
2013/04/20 20:15
プラダ メンズ
嗚呼、涙の修士論文 (残り17日) depressed by the dissertation ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/05 19:28
プラダ トート
嗚呼、涙の修士論文 (残り17日) depressed by the dissertation ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/07 00:37
モンクレール クリーニング
嗚呼、涙の修士論文 (残り17日) depressed by the dissertation ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/ウェブリブログ ...続きを見る
モンクレール クリーニング
2013/11/28 02:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
あと数日だけど、体調だけは壊さないように気をつけて。
締め切りにならないとエンジンがかからないのは姉弟よく似てるな〜。
ま、俺もだけど。
追い込まれた時の力はハンパない。
チビ達はお兄ちゃんが帰ってくるのを毎日のように楽しみにしてるよ♪
ナギっち
2011/08/16 11:36
まあ、いつものことでしょ?これからこれから。なんて軽口を軽く。登り坂が苦しいほど、下り坂は気もちいいのよね。アフリカで自転車旅をしてる時、よく議論したのが、「上り坂はあるほうがいいか、ないほうがいいか」俺は時々下り坂オンリーに憧れた。でもやっぱり登ってないとね。誕生日のパーティーが楽しみやんか。
てつや
2011/08/16 12:14
おー、さすが英国風キッシュの効果(笑)か、なんとオーバー30(もしくは40)のおやじたちの叱咤激励をいただけるとはありがたやありがたや!

ナギッち
あれ、うちのポリス姉も締め切り間際まで動かない?まあ家族だから似たようなところもあるかもね。うまくガス抜きできれば(サッカーみたり、走ったりし、料理したり・・・)たぶん自分は大丈夫だろうけど、ガス抜きすぎて、違う意味でどうしようもない状態にならないようにがんばるわ。チビちゃんたちに会うのが本当に楽しみ。電話で話したけど、成長したな〜。

てっつあん
 まあ、ほんと、いつものことだわw自転車の話はよく分かるわ。自分の場合は、山スキーでイメージすることが多いけれど、よく「滑るのは30分なのに、なぜ数時間をかけて、山を登るのか?」と問われたときに、「珠玉の時間は、苦労があってこそより輝く」と答えたものです(誰に?)。実際、苦労して標高稼ぐからこそ、その価値や気持ちよさは増大するよね。昔はそれがいやだったけれど、今は、その積み上げる過程に心地よさも感じられるようになってきた。ここ数年で成長できたとしたら、そういった点じゃないかと自分では思ってる。30すぎてから気づくなよと言われそうだけど、まあ生きているうちに分かってよかった。そうそう、自分主催の誕生日パーティー(?)は無茶苦茶楽しみ。これ以上気持ちよく酒が飲める誕生日なんて、たぶん人生で今後もあまりないと思うので、そこまで完全燃焼して、最後にパーッと飲んで、さよなら英国と、行きたいところです。

何はともあれ、お二人サンクス!今日もいい天気なので、図書館いってきます
yuya
2011/08/16 15:58
私が卒論から逃避していたこの1週間、いったい皆はどれくらい進んだのでしょう・・・・それを考えると恐ろしい!!!!という、バカバカンス帰りのKyokoです。
「取材したものを日本語でまとめる」のは追いつめられると奇跡的なスピードで仕上げることができますが、「アカデミックな議論を英語でまとめる」のはどんなに追いつめられても早くできない・・・ギブアップするしかない、というのを私はバカンスに行く前に実感しました。あと2週間あまり。とにかく計画性と「卒論は仕事で書いていた文章とは異なるものなんだから、油断するな!」と言い聞かせることが大切だと思っています。改めて、図書館にてよろしくお願いいたします!9月1日には美味しいビールが飲めますことを☆
Kyoko
2011/08/16 22:25
おやおやおかえりkyoko。ポルトガルは楽しかった?同じく、日本語で取材原稿をまとめるのに比べると、その30倍くらいは、論文を英語でまとめるのに要しているような・・・。しかし、この段階であらためて「計画性」と「油断大敵」を看板に掲げるあなたは、なかなか肝っ玉がすわってます。まあ残り二週間、ここにこもってがんばりましょう!
yuya
2011/08/16 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
嗚呼、涙の修士論文 (残り17日) depressed by the dissertation ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる