ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記

アクセスカウンタ

zoom RSS 里帰り

<<   作成日時 : 2012/01/11 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
自分が英国滞在中に亡くなられた記者時代の先輩のお墓参りに、第3のふるさと松本を久々に訪ねてきました。いろんな懐かしい思い出が甦り、胸がつまりました。先輩の大好きだった日本酒を墓前にさせげ、一緒に乾杯してきました。真っ白な常念岳がとても綺麗でした。安曇野に、松本、自分にとって本当に大事な場所です。

木曽の谷を抜けて、塩尻に出た瞬間。突如広がる北アルプスのパノラマに、感無量でした。やっぱり山のある景色は心落ち着く。常念に、燕に、爺が岳に、鹿島槍。どこまでも続く真っ白な山並みは見ているだけで、惚れ惚れする。「いつか、やっぱり松本か安曇野に帰って来たいな」とあらためて思いました。

画像


古巣の中日新聞松本支局にも立ち寄ることができ、懐かしい顔ぶれと再会でき、嬉しい時間でした。かつてお世話になった前支局長とも昔話に花咲かせました。前回の御柱祭り、上高地を拠点とした山取材、菅谷現市長が当選した市長選などなど、最近はすっかり忘れていた当時の取材話も次々と思い出されました。

支局で住所を聞いて、旧穂高町にある先輩の実家を訪ねました。取材の現場で、酒の場で、駆け出しの自分に、いろいろと教えてくれた先輩だったので、訃報をイギリスで聞いたとき、残念でなりませんでした。(http://yuya1839.at.webry.info/201011/article_8.html)引退後には、山を見ながら、酒でも飲んで、いろいろと語り合いたかったけれど、それは実現しませんでした。訪れた実家では、遺された奥様とお墓参りに行かせてもらいました。「仕事がいつも忙しくて、旅行もままならなかったから、定年したらのんびり出かけたりしたいねって話してたけど、その前にいっちゃったね」と奥様。昔一緒に飲んだ地元の酒、大雪渓を墓前に供え、一緒に山を見ながら、乾杯してきました。できれば、生前に一緒に飲みたかった。残念です。見上げた北アルプスはいつものように雄大でした。
画像


お墓参りは切ないけれど、久しぶりに松本、安曇野を訪ねることができ、満足でした。松本は、札幌に次ぐ自分にとって第3のふるさとです。名古屋にどうしても興味を持てない自分にとっては、心の故郷とも言えます。何かに迷ったときには、ここに戻ってきて、自分の原点を確認したいな。あらためて、そう思った1日の”帰郷”でした。



I visited Matsumoto in Central Japan,where I worked as a journalist from 2001-2004. purpose of the visit was to offer incense at a grave of my colleauge who passed away during my stay in UK. I was happy to have a cup of japanese sake with him in front of beautiful scenery of Japanese Alps.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱりユーヤ師匠の旅&自然の文章はうつくしーですね。ユーヤの原点論、近々お聞かせください。酒でも飲みながら!
Kyoko
2012/01/11 19:31
‘木曽の谷を抜けて、塩尻に出た瞬間’わかる!!たった一年帰郷していないだけなのに、最近故郷が恋しいよ。写真を見て思わずコメントしました。思い深い一日だったんだね。
今年は是非美瑛に足をのばしてね。こっちの山並みもやっぱりいいよ。
keiko
2012/01/12 03:41
ハローきょうこ。やっぱり、山がある場所にいくと、自分の中の考えが整理されるよね。ビルの谷間よりは、森の中へ。ロンドンじゃなくてUEAで良かったとつくづく思う・・・。お酒は、2パイントまでね!
yuya
2012/01/12 16:45
Keikoさん、って書いてあるから、どのケイコさんかと思ったらkingケイコじゃないですか!お久しぶりです。松本出身の貴女ならなおさら、木曽谷を越えた先に広がる松本平の開放感や郷愁も感じそうですね。いやほんと、松本はいいところですね。まあ自分にとって第2のふるさとは北海道(特に夕暮れの十勝連峰ですよね!なんといっても)なので、美瑛も同様にうらやましいです。名古屋になぜ郷愁を全く感じないのだろう・・・。今度こそ、農場に遊びに行きたいですね。待っててください
yuya
2012/01/12 16:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
里帰り ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる