アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「歳時記」のブログ記事

みんなの「歳時記」ブログ


わが家に太陽がやってきた

2014/05/18 22:23
Our son has come to this world. His name is "Haruya" named after the sun. Most welcome to this wondefrul world! 5月18日午前5 時7分、青森の五所川原市にて、わが家の長男が誕生しました。名前は陽弥(はるや)。 漆黒の宇宙で自ら輝く太陽のように、どんな環境にあっても温か な光を心に燈せる人間に育ってほしいと名付けました。出産に立 ち会って強く感じたのは、動物としての人間の原点と、母の偉大さ。わ が妻、明日香に心からのありがとうと、お疲れさまの言葉をかけ てあげたいです。これからは3人でボチボチやっていきますの で、どこかで会ったら、よろしくお願いします。ようこそ、陽弥 。時に不条理に満ち、絶望してしまいそうなこともたくさんある けれど、それでも笑顔を分かち合える可能性に満ちた、この素晴 らしき世界へ!
画像
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


佐村河内氏にだまされた人々

2014/02/07 07:49
「この詐欺師ヤロー」と叫びたくなるような今夜の私達。待ち望 んでいたコンサートチケットが本日わが家に届きました。人生で はじめてクラシック音楽のチケットを自腹で買いました(仕事で は何度も行きましたが)。S席で8000円。これも夫婦でNHKド キュメンタリーをみて、仙台でこそ聞いてみたいと思ったから、 奮発したのです。ところが、テレビにネットにニュースで周知の 大騒ぎ。まさか、こんな結末とは....しかし高橋大輔が一番無念で あろうな。コンサートチケットなぞどうでもいいけど(どうせ、 払い戻しだろうし)、人生最後のオリンピックで苦労人には、輝 いてほしいものです。ろくでもない詐欺師とは切り離して、彼の 演技をみたいです。ほんとに。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2013年10大ニュース

2014/01/01 00:06
画像
] 今年もいよいよ終わりですね。 2013年は、個人的にもいろいろな節目があり、 人生も転機を迎えました。基本的には福島中心に過ごしていましたが、 日常の中に変化も多く、刺激的な一年でした。

毎年恒例ですが、今年も10大ニュースで振り返ってみました。

10位 じぇじぇじぇの青森、久慈ツアー決行
9位 南会津にて、タテタカコさんとライブでご面会
8位 FMふくしま、JICA中部などで、アフリカトークイベントに出演
7位 妻アスカと初のプチ沢登り(七ヶ岳、中津川渓谷)
6位 吹雪の気仙沼大島椿マラソン完走
5位 新婚旅行パラオで巨大シャコガイに遭遇。食われそうに
4位 福島でプレーリーダーとして活動開始
3位 パチョコ農場にて自給自足生活への第一歩
2位 新しい命の芽生えに感激
1位 結婚しました。会津で同居生活スタート

おまけ 人生で初めて大河ドラマを最初から通して見た。

今年はとにかく、二人で暮らしはじめたことが 何よりの変化でした。同じ、福島での暮らしも、二人で 生活することで、まったく別のものに変わった気がします。

あとは、畑で野菜を作り始めたことが、これからの人生で 自分でできることを自分でやっていく第一歩として とても大事なはじまりとなった気がします。

来年は福島市に引っ越して、また新しいたくさんのことが 始まりそうです。福島で、腰をすえて、たくさんの子どもたちと いっしょに色んな面白いことができるよう、がんばっていきたいですね。 家族を大事にして、良い一年にしたいです。

今年お世話になったみなさま、ありがとうございました。 来年もよろしくお願いします。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


入籍しました(ムックの日)

2013/07/01 22:44
We got married 2 weeks ago, anyway we started our new life @ Fukushima そういえば、福島の友人以外には報告してなかったのですが、この前入籍しました。相手は、知る人ぞ知る、マラウイの人です(日本人ですが・・・)。とりあえず会津若松で一緒に住んで、パチョコパチョコ畑を作って、子ども達と遊んで、暮らしております。これからは山も一緒に登るかな。ビールとギョーザのように、二人セットで生きていきます 

画像
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 4


巨大モンスター 吾妻連峰・西大嶺でスノーシュー登山

2013/01/17 06:56
画像


あけましておめでとうございます。鶴ケ城からこんにちは。
今年もよろしくお願いします。
すっかりブログの更新も滞ってしまい申し訳ないところですが、
今年は会津若松の生活も多少は落ち着いてきたので、定期的に(少なくとも週一回は?)
更新していきたいですね。


先週の連休、猪苗代でガイドをしている知人に誘われ、裏磐梯の西大嶺という山にスノーシューで登ってきました。吾妻連峰の一角を占め、標高約2000mの良峰です。

入山はグランデコスキー場から。朝8時半スキー場に到着し、ゴンドラとリフトを乗り継いで、標高1600mまで。
料金は片道1800円ほど。割高だが仕方ない。

まずは樹林内を標高稼ぐ。汗ばむくらいの陽気。
低気圧の前面で、この季節の裏磐梯にしては珍しい快晴。空がとにかく青い。
画像


地域では有名なスノーシューと山スキーのルートらしいが(2月号の岳人にも掲載されている)それほど先行パーティーもいなそう。気持ちよい新雪を踏みしめていく。

尾根にあがると、隣の西吾妻山が一望できる。すごいパノラマだ。
画像


豪快な裏からの磐梯山もよく見える。左奥には猪苗代湖。このあたりの景観は変化に富んでいて飽きない。
画像


ガイドの知人によると西大嶺は、樹氷の名所で、蔵王には及ばないまでも福島を代表する場所という。
こういった景色を目の当たりにするとうなづける。
画像

樹木に、季節風にあおられた雪がへばりつき、それが発達し、いわゆる「モンスター」となる。
これまで数多の山に登ってはきたけれど、これだけ立派な樹氷は見たことがない。

樹氷だけだと、大きさが実感しづらいが、そこに人が入るとこんな風に見える。
画像


どこか異世界のような、力強く不思議な光景。
樹氷は確かに、見るものを惹きつける。

計2時間ほどで、登頂。山スキーヤーが数人いる。頂上直下にはきれいな純白のバーンがあり、
ここを滑ったら楽しそうだ。

自分達は滑られないので、かわりに、頂上の樹氷帯を散策。
ガスがかかりはじめ、視界は失われるが、それがまた荘厳な景色を生む。


画像


なんとなく、祈る少女の姿がそこに浮かぶよう
心静かに満たされる

樹氷に満足し、帰路に着く。かえりは動物達の足跡を追いながら
あっという間にスキー場まで。コンパクトなルートながら、変化に富み
とても楽しいルート。今度はボードを背負ってすべりに来たいな。








記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0


初デートで磐梯山 雪と紅葉のコントラスト

2012/11/08 21:54
画像

The first trip with my lovely mate. Autumn leaves and winter mountain. Great combination. 新しい恋人と初デート。場所はやっぱり、磐梯山。紅葉と雪山が最高のコントラストです。冬装備を忘れたので途中までのぼって帰ってきました。冬山シーズンが近づいて来ましたね。楽しくなりそう
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


新しい恋人がやってきた

2012/11/08 21:51
画像

My new partner has come! Second-hand and small yet I love her (coz I can sleep inside her body!) めでたいことに、新しい彼女がやってきました。東北の冬はこんな彼女がいないとやってられません。かなり年増だけど、見た目は若い。何より、夜を過ごす上で最適のパートナーです。これでC0用の(前夜泊)、テントいらないや。しかし14年間走ってるのに、わずか走行距離6万キロ・・・。何か落とし穴があ
りそうで怖いですが、彼女が結婚詐欺狙いの悪女でないことを祈ります(軽ワゴンが高需要の東北でありながら、驚きの価格でした・・・)。人生初の軽ですが、スピード出ないっすね。大島では、軽トラックの意外な機動力のよさに驚きましたが、本土で軽に乗ると、ちょっと非力んぐ。まあいいや。野田トモさんみたいに、のんびりいこうぜ、という気分です。名前は、まだない、ですが、見た目がちょっとナウシカのキョシン兵に似ているので、オーマにしようかな。でも、そう考えるとちょっとコワイので、検討中としておきましょう。
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0


8.15に千鳥ケ淵に

2012/08/15 09:14
画像

早朝に皇居をジョギングで一周し、その足で千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪れました。早すぎて、まだ開いていなかったのですが、管理人のようなおばちゃんに無理をいって、中に入れてもらい、戦争で失われた命に手を合わせてきました。8月15日。年に一度くらいは、じっくりと日本の過去と向き合って、今ある現実を見つめなおすことも大事だと思います。国家とは何か?日本とは何か?年を取って、いろいろな場所をめぐり、日本をめぐる歴史的事象も、昔とは違った視点から見えるようになった気がします。だから、今日は1日、瞑想でもしようかな。と思ったら、今日も研修・・・なんでやねん・・・I jogged around the Imperial Palace in the early morning, and visited Chidorigabuchi graveyards where is built to commemorate unknown 350,000 war dead in the WWU. 15 Aug is the anniversary of the end of the war for Japan and many countries.
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


DODA転職フェアにいってみた

2012/02/19 09:17
電車に乗ってたら、「17日、18日に今冬最大規模の転職フェア!」というコピーをみつけた。特別、出展企業に興味があるわけではないけれど、求職活動中といえば、そういう身分なので、生まれて初めて就職セミナー的なものに参加してみた。正式名称は「DODA転職フェア」というらしい。どれほどのイベントなのかさっぱり見当はつかないけれど、200社以上が出るらしい。それはちょっと面白そう。

というわけで、求職の情熱というよりも、単純な社会見学的な興味半分で、会場である有楽町・東京国際フォーラムへ。なんかすごい建物だ。さすがキャピタルCITY。無駄に金がかかっている。
画像


いつ以来か全く覚えていないけれど、スーツを着てみた。せっかくなのでネクタイも。会場についてみたら、やっぱり97%くらいの人はスーツみたいな格好だった。服装不問といっても、ここは日本なり。

開始時間に到着してみると、すでに長蛇の列。これがみんな転職希望者なんだ・・・。不思議な感慨にとらわれる。しかも年代もバラバラ。当たり前かもしれないけれど、みなスーツ姿で、なんだか懐かしい。
画像


30分ほど待たされて入場。こういった就職フェアに参加するのは、大学時代も含めて冗談抜きで初めて(学生時代は新聞社数社しか受けなかったので)。なので要領が分からない。が、つまり、博覧会のパビリオンめぐりと同じで、ひしめき合うブースを好き勝手に回るだけのようだ。
画像


入り口付近で先着1000人にプレゼントされるクオカードをもらいにいく。引換証に個人情報を書いて係員さんに渡すのだけど、500円のカードと引き換えに、自分の個人情報を切り売りしているような虚しさが・・。とはいえ、もらえるものはもらっておこう。
求人している企業は確かに多い。ソフトバンクやマクドナルドなど大手もけっこうある。でも盲点だったのは、3分の1ほどの企業が技術系エンジニアの募集しかしていないこと。しかし来ている大半の転職希望者が総合職(営業など)希望で、あきらかなミスマッチだ。こりゃ大変。もちろん自分もエンジニアでもなんでもないので、総合職系のブースをまわる。

が、せっかく30分も並んで入場したのに、ここにきて問題が。
そう、どんな業種のどんな企業に話を聞いてみたいのか、まったく決めていなかった。冷やかし半分で来ているから無理もないといえばそうだけど、各ブースの担当者は「どんな職種がご希望ですか?」と聞いてくる(当たり前だ)。

ブラブラ見ているだけでは様子がよく分からないので、とりあえず、出展企業のなかでもっとも興味深かったアップルJAPANのブースに並んでみる。すると、すぐに自分の順番がまわってきた。「こんにちは。今日はどんな職種を探しているのですか?」と訪ねられ、「いや特にこれといった業種希望はないんですが、広報関係なんかは募集されていないでしょうか?」とお茶を濁して聞くと、「それはマーケティング部署が別の機会に募集すると思いますので、そちらに直接問い合わせてください」と0円スマイルで言われた。話を聞くと、今回募集しているのは在宅勤務をするオペレーターのような仕事らしい。なんだ、本社で働く人じゃないんだ。

アップルをわずか1分ほどで切り上げると、あとはどこを見ても、特に話を聞いてみたい企業がない・・・。いい企業も多いんだろうけど、自分の興味関心とはかぶらないようだ。事前情報を集めることもせず、とりあえず社会見学気分で来てみただけだから無理もない。ただ転職とは関係なしに、ベネッセの福祉、在日米軍、東京都、星野リゾートなどのブースは面白げではあった。あと、ソーシャルビジネスを展開している企業も話を聞いてみたかったけど、待ち時間1時間と言われたので、あっさりあきらめる。ここにいたるまで、30分。自分みたいな緊張感のない参加者が、会場をうろうろしているのも他の参加者の方に悪いので、これでサッサと切り上げることにする。おなかいっぱい。

特に収穫はなかったけれど、自分の興味のない分野で転職活動をしても、まったく意味がないことをあらためて理解したことが、あえていえば収穫か。あと、久々にスーツ姿の人々に囲まれて、ちょっとだけ「就活がんばろー」と思ったことが収穫?か。

まあ交通費420円使って、500円のクオカードをもらったから、プラス80円の収益と考えれば、この一日も不毛ではない(かも)。帰りにたくさん本を買ってしまって、あっさり赤字に転落するわけですが。

それにしても武蔵小杉から品川までたった10分でいけるんですね。便利便利。

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


節分なので恵方巻を作った

2012/02/03 23:54
画像

節分なので、豆まいて、恵方巻作ってみました。セブンイレブンのよりは美味しい・・・かな。しかし、この創られた伝統には特に興味ないので、普通に切って食べてしまった。巻き寿司を作るようになったのはイギリスに行ってからだけど、日本だと材料が簡単に集まるので、こりゃ意外と日常食にいいかも。 Today I cooked Sushi-roll, called Eho-maki. coz today is the day for celebrating the upcoming of spring,of course, yet still be so cold all over Japan. Some People believe that one can be fortunate if they eat out all the roll at one bite.
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
日本らしい正月
日本らしい正月 久々に日本らしい正月を過ごしています。おせち食べて、雑煮食って、箱根駅伝を見て・・・。 ご多分にもれず「新・山の神」柏原竜二選手の走りに見とれてしまいました。走りも凄かったし、その後のコメントがさらに印象深かった。「僕が苦しいのはたった1時間ちょっと。福島の人たちを思えば、全然辛くない」。いわき市出身の柏原選手だけに、とても響きました。マンネリと言われようが、箱根駅伝はやっぱり、いい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/04 00:08

トップへ | みんなの「歳時記」ブログ

ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記 歳時記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる