アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「福島の被災地」のブログ記事

みんなの「福島の被災地」ブログ


会津から飯坂温泉へ引っ越し

2014/01/19 10:25
画像

Finally we moved to Fukushima city from Aizu wakamatsu. Regrettablly we could'nt greet people in Aizu yet will have chances to visit Aizu again (Actually next week back in Aizu !!!) Thanks my friends in Aizu we will welcome you @ Iizaka hot spa こ の一週 間、激動の引っ越しウィークでした。いろいろあって(事務所が移転したので)会津若松から福島市の飯坂町に移り住みました。あの飯坂温泉の飯坂です。すてき なところ!いつぞや不動産情報に協力していただいたみなさんあ りがとうございました。中通りは、やはり天気が良くて、毎日太 陽を拝めることに衝撃を受けています。会津でお世話になったみ なさんにはまだ十分あいさつも出来ておらず、心苦しいところですが、会津には今後も頻繁に行くので、その際にでも。

福島市は会津に比べればまだまだ放射線量も高く、除染されていないわが家も、気になるレベルではありますが、ここを拠点に生活することに決めたので、福島市とくに飯坂生活を楽し んでいきたいと思います。あちこちにある温泉はもとより、吾妻 の山並みも美しく、毎日ハッピーを感じながらの新生活です。さすがハッピーアイランド。みなさん、お近くに来た際はぜひ遊びにきてください。地元のドローカル温泉に入りにいきま しょう!
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


福島、子どもの外遊びフェスティバル

2013/07/01 07:20
猪苗代の昭和の森で30日に開催された「外遊びフェスティバル」にプレーリーダーとして参加してきました。原発事故を受けて、外遊びをする機会が減少しているふくしまの子どもたちに、野外で思い切り遊んでもらおうという企画。主催者のハッシーさんに声をかけてもらい、3月の冬フェスティバルに続き、参戦しました。

画像


子ども160人に大人120人?とにかく、数百人単位の親子が、福島各地から集まりました。遊びをしかけるプレーリーダーも、全国各地から集まって、とにかくにぎやか。

そんな中、自分は今回「紙ヒコーキ体験」のコーナーを担当しました。紙飛行機にそんなに詳しいわけではないけれど、「世界一飛ぶ!紙ヒコーキBOOK」という、折り紙ヒコーキ協会が監修した本をベースにいろいろな紙ヒコーキの折り方を紹介して、子どもたちと実際に飛ばして遊びました。

画像


画像


大きく分けて、「長距離型」と「滞空時間型」の2タイプを作成して、みんなで飛ばし方を練習したあとに、実際に距離や滞空時間を競う、コンテストを実施。子どもだけでなく、お父さんお母さんも混じって、楽しく、紙ヒコーキを満喫しました。
画像


シンプルだけど、やっぱり楽しい。きれいに空を滑るような紙ヒコーキを見て、歓声をあげる子どもたちの姿もみられました。今度はもうちょっと修行して、もっとよく飛ぶヒコーキを子どもたちに紹介したいな。

ほかにも遊びは10個ほどあって、どこもとても楽しそう。

画像


これは東京から来たゼンちゃんチームが作ってくれたモンキーブリッジ。シンプルだけど、とてもスリリングで子どもたちも大歓声。

画像


画像


ほかにもクライミングウォールやイワナのつかみどりもありました。

なかでも一番人気は、森の中で、忍者に扮して、ゲームをしたりちゃんばらをしたりする「なんじゃにんじゃ」という忍者ゲームでした。東京で活動するNPO法人「アフタフバーバン」(アラビア語で開けゴマの意味)さんの企画で、とにかく、子どもが「こんなことをやってみたい」というツボを非常にうまくつかんでいて、見ているだけでも楽しさが伝わってくる。素直に「自分も子どものときにやりたかったなあ」と思わされるプログラムでした。さすが、プロです!

そんなわけで、太陽の下で思い切り身体を動かして、気持ちよい一日を子ども達と過ごすことができました。その後、スコールのような強雨もありましたが、とにかくイベントは無事に終わって良かった。もっと自分も実力をつけて、子ども達が楽しく、元気に過ごせる場を提供するお手伝いをしていきたいものです。

本番の夏は、これからですね。良い週末でした。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0


丸栄で福島物産展!

2013/04/12 19:10
名古屋(および東海地方)のみなさん!丸栄で福島物産展やってますよ!なみえやきそばに喜多方ラーメン。そして、我らが会津の、べこの乳ソフトクリームに田季野のわっぱめしまで。なんか嬉しいです。昔は北海道物産展があるたびに興奮して「スープカレー食いにいかないと!」と焦っていましたが、いまは福島物産展に興奮します。13,14日は「ヤエタン」も来るそうです。残念ながら綾瀬はるかは来ないと思いますが、どっちも八重ちゃんです。遊びにいってみてください。そして、気に入ったら、本当の会津までやってきてください。もうすぐ我が家の近くの石部桜も咲き始めます。三春の滝桜も今週末あたり見ごろだそうです。来らんしょ、来らんしょ。ありがとなし。
http://www.maruei.ne.jp/yotei/4/11/hukushima.html
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


純白の飯豊に、心躍る会津若松の春

2013/03/15 22:38
画像
White mountain range,Iide. Spring is approaching 本日は全国どこも晴れたでしょうが、会津若松も最高のスカッパレでした。通勤途上(徒歩です)遥かに望める飯豊連峰は極上の白さで、まさに心が浮き立つ金曜日。うーん、会津に暮らすのは本当に幸せです。磐梯山もいい山ですが、美白っぷりでは断然飯豊です。ほんと北海道の大雪山や知床を思い出します。ただ見てるだけだとストレスフルなので、あの白い斜面をガシガシ登って滑りたいけれど、25000図を見ると結構アプローチが長そう。頂上から谷にダイレクトイン!なんて、想像するだけで身震いします。さていつ行こうか。ちなみに今週末は再び、磐梯国立青年の家で、野外遊びのプレーリーダーになるためのトレーニングです。子どもたちと遊ぶのは楽しいんですが、そろそろ山にも行きたいな〜。
画像

ちなみにこちらは、磐梯山夕景
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月2日のNHK週刊深読みニュースに、大熊町の子どもたち

2013/02/28 20:22
2日土曜日の午前8時15分からNHK総合で放送される「週刊深読みニュース」に福島のこどもたちが出演し、今思っていることを発信するそうです。メーンは会津若松で避難生活をおくっている大熊町の子どもたちです。生放送なのでどんな内容になるか分かりませんが、全国放送というせっかくの機会なので、特に他県のみなさまでお時間ある方はご覧になってはいかがでしょうか。「八重の桜」や「世界最大のイカ激写」など最近、なんかNHKの宣伝マンみたいになってきているような・・・。http://www1.nhk.or.jp/fukayomi/
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


会津で”ああ無情”な建国記念日

2013/02/11 11:01
I was supposed to go Koriyama to watch a film "Les Miserables",yet the train was canceled due to heavy snow so I missed the chance;instead I am going to read a book about the children in Fukushima. Today is the National foundation day of Japan. 3連休といいつつ、昨日まで作業に追われていたので、最終日くらい休みっぽく過ごそうと、一念発起し郡山まで電車で出て、前売り券を残したままになっていた「レミゼラブル」を見に行こうと思いました(そう、なんと会津には映画館がない!)。早朝から、しばれる風呂場でたまった洗濯をすませ、急いでパッキングして、おめかしして、自転車で雪道を30分爆走して、駅に駆け込むと、9時57分発の電車がなぜか電光掲示板に表示されていない。駅員に聞くと、「あ、その電車は、今日猪苗代あたりの雪が大変なので運休になりました」とあっさり言いのける。そして次発は一時間以上後・・・それだと開園時間に間に合いませんがな。と、撃沈。珍しくルンルン休日を過ごそうとした矢先に、与えられた試練。嗚呼、無情。駅舎には電車を待つ会津人でいっぱい。みな、仕方なく静かに状況を受け入れる。文句の一つも駅員に言いたくなるが、みな静かにただ待っている様子を見ると、そんな自分のせっかちさが、恥ずかしいことであるかのように感じられ、「雪国の人は我慢強いなあ」とただ思われる。ということで、自分も運命を受け入れ、「置かれた場所で咲きなさい」ということで、都会での休日(それでも郡山ですが)はあきらめ、今日もまた事務所へ。さすがに仕事をする気分ではないので、本棚の奥で見つけた福島の子どもたちのメッセージ集「はやく、家にかえりたい。」を読む。大雪運休のおかげで、この本を読む時間を与えられたと思えば、それも意義深い。ジャンバルジャンも理解してくれるだろう。今日も会津は雪。冬があるからこそ、春のありがたみをより深く感じられる。そう思うと、雪もいとしく思える。実際、この季節、嫌いじゃない。純白の景色の中で、黙々と一人で走っていると、いろんな楽しいアイデアが浮かんできて、しあわせになる。春を待ち望める幸せ、雪国の醍醐味です。(と思いたい)

雪が降り 電車が止まって ああ無情 だから事務所で 建国記念日

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


会津若松に楢葉町のラーメン屋がオープン

2013/01/22 23:17
画像

楢葉町から、震災で会津美里町に避難しているご主人、野崎さんの中華そば屋「楢葉屋」に、昼休みに行ってきました。昨年12月に会津若松のオートバックスの近くにオープンしたばかりの店です。野崎さんは楢葉出身で、新宿歌舞伎町のラーメン屋で18才から修行し、その後三宅島に移住したそうです。しかし、火山噴火のため島を追われ、その後故郷・楢葉町に戻ってラーメン店を開業したものの、2011年再び震災の災禍で故郷を追われました。いまは会津美里町の仮設住宅に住みながら、店まで通っています。
 ラーメンは一杯650円。新宿仕込みの魚介と動物系のダブルスープで、非常にさわやかかつ味わい深い口当たり。麺は「会津の人向けに」太麺にしたそうです。菜の花のようなオータムポプリが絶妙のアクセント。今後は、楢葉時代に採用していたちぢれ麺もメニューに導入するようです。オーソドックスで、完成度の高い中華そばという感じ。これから徐々にメニューも増えていくようなので楽しみです。
 野崎さんは「会津に骨を埋める」とおっしゃってました。ふるさとに帰ることができない現状を思うと、複雑なところですが、今はただ故郷楢葉の味が、会津の人たちにも受け入れられてほしいと思います。個人的には、喜多方風のラーメンにやや食傷気味だったので、新たな味が会津に生まれるのはとてもうれしいです。
 「楢葉屋」と野崎さんについては、24日午後6時からのNHK福島の報道番組「はまなかあいづ」の中で紹介されるらしいです。ぜひ福島県内にお住いの方は、ご覧ください。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


巨大モンスター 吾妻連峰・西大嶺でスノーシュー登山

2013/01/17 06:56
画像


あけましておめでとうございます。鶴ケ城からこんにちは。
今年もよろしくお願いします。
すっかりブログの更新も滞ってしまい申し訳ないところですが、
今年は会津若松の生活も多少は落ち着いてきたので、定期的に(少なくとも週一回は?)
更新していきたいですね。


先週の連休、猪苗代でガイドをしている知人に誘われ、裏磐梯の西大嶺という山にスノーシューで登ってきました。吾妻連峰の一角を占め、標高約2000mの良峰です。

入山はグランデコスキー場から。朝8時半スキー場に到着し、ゴンドラとリフトを乗り継いで、標高1600mまで。
料金は片道1800円ほど。割高だが仕方ない。

まずは樹林内を標高稼ぐ。汗ばむくらいの陽気。
低気圧の前面で、この季節の裏磐梯にしては珍しい快晴。空がとにかく青い。
画像


地域では有名なスノーシューと山スキーのルートらしいが(2月号の岳人にも掲載されている)それほど先行パーティーもいなそう。気持ちよい新雪を踏みしめていく。

尾根にあがると、隣の西吾妻山が一望できる。すごいパノラマだ。
画像


豪快な裏からの磐梯山もよく見える。左奥には猪苗代湖。このあたりの景観は変化に富んでいて飽きない。
画像


ガイドの知人によると西大嶺は、樹氷の名所で、蔵王には及ばないまでも福島を代表する場所という。
こういった景色を目の当たりにするとうなづける。
画像

樹木に、季節風にあおられた雪がへばりつき、それが発達し、いわゆる「モンスター」となる。
これまで数多の山に登ってはきたけれど、これだけ立派な樹氷は見たことがない。

樹氷だけだと、大きさが実感しづらいが、そこに人が入るとこんな風に見える。
画像


どこか異世界のような、力強く不思議な光景。
樹氷は確かに、見るものを惹きつける。

計2時間ほどで、登頂。山スキーヤーが数人いる。頂上直下にはきれいな純白のバーンがあり、
ここを滑ったら楽しそうだ。

自分達は滑られないので、かわりに、頂上の樹氷帯を散策。
ガスがかかりはじめ、視界は失われるが、それがまた荘厳な景色を生む。


画像


なんとなく、祈る少女の姿がそこに浮かぶよう
心静かに満たされる

樹氷に満足し、帰路に着く。かえりは動物達の足跡を追いながら
あっという間にスキー場まで。コンパクトなルートながら、変化に富み
とても楽しいルート。今度はボードを背負ってすべりに来たいな。








記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0


いよいよ會津人待望の「八重の桜」始まる 

2013/01/06 17:45
會津人待望の「八重の桜」いよいよ始まります!今日はこれから会津稽古堂という市民ホールで、なんとパブリックビューイングがあります。つまりW杯なみに会津ではこのドラマに対して、気合が入っているということでしょう。あと10分でスタート。しかし、我が家は市街地から遠いので、さみしいけれど一人でテレビで見ることにします。ちなみに「八重の桜」のモチーフとなった桜、石部桜は我が家から徒歩5分ほどのすぐ近所にあります。わざわざ市街地から遠い場所に住んでいる理由は、その桜が気に入ったからです。嘘のようなほんとの話。ドラマの内容はもちろん、ところどころ登場する会津の風景なども楽しんでみてください。そして、実際に見たくなったら、会津に来らんしょ!
http://www.minyu-net.com/tourist/aidu/1216/odekake1.html
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1


喜多方・飯田哲也さんの講演会に会津エネルギーの夢を見る

2012/11/13 23:08
画像

喜多方市で開催された、飯田哲也さんの講演会、そして会津電力構想のシンポジウム、みっちり2時間半参加してきました。飯田さんの話を聞いてあらためて思うのは、エネルギーの地産地消を目指す動きというのは、そのまま地域主体の地域おこしにつながるものだと再認識。「これまで中央に収奪されてきたエネルギーを地元の人の手に取り戻す」ということは、分権化そのもの。やはりこれからの時代は、分権、ボトムアップ、いわゆる中央と地方の主客逆転がカギになるのでしょう。しかし、どこまで主体的になれるか、難しい面もあります。その意味では、「福島県全体のエネルギーを会津で担ってやろう!」と意気込む、会津電力構想には単純に惹かれます。飯田さんの話は、聞いていると、あまりに理想的で、本当にどこまで実現できるのか、不安になる部分がないわけではないですが、飯田さんが最後に紹介された吉田松陰の言葉を信じるならば、それも可能なのかもしれません。「夢無きものに成功なし」。ばか者足りうる若者で、ありたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
初デートで磐梯山 雪と紅葉のコントラスト
初デートで磐梯山 雪と紅葉のコントラスト The first trip with my lovely mate. Autumn leaves and winter mountain. Great combination. 新しい恋人と初デート。場所はやっぱり、磐梯山。紅葉と雪山が最高のコントラストです。冬装備を忘れたので途中までのぼって帰ってきました。冬山シーズンが近づいて来ましたね。楽しくなりそう ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/08 21:54
新しい恋人がやってきた
新しい恋人がやってきた My new partner has come! Second-hand and small yet I love her (coz I can sleep inside her body!) めでたいことに、新しい彼女がやってきました。東北の冬はこんな彼女がいないとやってられません。かなり年増だけど、見た目は若い。何より、夜を過ごす上で最適のパートナーです。これでC0用の(前夜泊)、テントいらないや。しかし14年間走ってるのに、わずか走行距離6万キロ・・・。何か落とし穴があ りそうで怖い... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/11/08 21:51
思い出の木 -JICA二本松にて
思い出の木 -JICA二本松にて Our memorial tree in JICA Fukushima. 嬉しいことがありました。仕事でJICA二本松に行ってきました。そしたら、マラウイ隊員懐かしの水谷所長が!そして、19-1のみんな、覚えてるかな、この木!サブが言い出して、みんなで植えた木!こんな立派に育ってた。カシケンのプレートもありました。五年半ぶりだ。なんか、色んな思い出がよみがえって、ちょっと胸がいっぱいになった。時は過ぎた。失ったものもあるし、得たものもある。大きくなって待っててくれた木が嬉しかった。またいつか、み... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/09 22:35
会津での家探しに思うこと
会津での家探しに思うこと ホテル暮らしをいつまでも続けるわけにもいかず、会津若松で物件を探していますが、なかなか思うようにいかない。不動産屋のお姉さんいわく、「震災で原発付近から避難して来る人が多いので、いま、空き物件はすぐに埋まっていく」のだそうだ。会津には大熊町が自治体ごと避難しているけれど、それ以外にもたくさんの人が個人的に避難してきている。自分達はそんな家族の子供達と毎日、遊んだりしているけれど、やっぱり地元の友達がなかなかできなかったりして、気づくと色んな場面で孤立したりするので、気をつけないといけない。子... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/06 21:47
福島へ引越しました 
福島へ引越しました  昨日から会津若松に移動し、本日から某国際NGOのプログラムオフィサーとして、福島での仕事を開始しました。カタカナが多くて、何を言ってるか良く分からない人もいるかと思いますが、簡単にいえばNGOの名前は「子どもを救え!」で、役職は「事業担当(?)」で、福島で何をするかといえば、原発事故、津波災害において、さまざまな形で影響を受けている、子供たちを支援していくということにつきます。「で、具体的には何をするの?」ともよく聞かれますが、まだ立ち上がったばかりの福島プログラムなので、具体的なプログラム... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/01 23:49
7.29 国会大包囲
7.29 国会大包囲 29日夜、大飯原発再稼動に反対するデモの一環として計画された、国会大包囲に参加してきた。今回もすごい人出だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/31 10:42
声をあげる 6.29 大飯原発再稼動反対官邸デモ
声をあげる 6.29 大飯原発再稼動反対官邸デモ 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働​決定の撤回を求めるデモに参加してきました。自転車で首​相官邸周辺まで行ったら、ものすごい人の数でビックリし​た。自転車を止めるのにも一苦労。デモには徒歩で行くべきだと悟りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/06/30 10:01
南相馬の旧警戒区域でボランティア (2)
南相馬の旧警戒区域でボランティア (2) 小高地区内には、津波で流された車がいまだあちこちに放置されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/20 12:30
1年ぶりに警戒区域が解除された南相馬市小高地区にボランティアで入る (1)
1年ぶりに警戒区域が解除された南相馬市小高地区にボランティアで入る (1) ゴールデンウィークの後半、南相馬市にボランティアへ行って来た。南相馬といえば、市の南部が福島第一原発から20キロ圏内で、これまで約一万三千人もの住民が避難対象となり、他の地域へ逃れていた。しかし、この4月16日から、これまで立ち入りを制限されていた同市小高地区の大半が警戒区域から外れて、自由に出入りできるようになった(夜間の宿泊などは依然禁止ではあるけれど)。そういった状況の変化を受けて、この連休から地区内のガレキ撤去や泥だし作業がようやく始まったのだという。    ボランティアが小... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/05/18 21:52

トップへ | みんなの「福島の被災地」ブログ

ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記 福島の被災地のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる