ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島へ引越しました 

<<   作成日時 : 2012/08/01 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

昨日から会津若松に移動し、本日から某国際NGOのプログラムオフィサーとして、福島での仕事を開始しました。カタカナが多くて、何を言ってるか良く分からない人もいるかと思いますが、簡単にいえばNGOの名前は「子どもを救え!」で、役職は「事業担当(?)」で、福島で何をするかといえば、原発事故、津波災害において、さまざまな形で影響を受けている、子供たちを支援していくということにつきます。「で、具体的には何をするの?」ともよく聞かれますが、まだ立ち上がったばかりの福島プログラムなので、具体的なプログラムは動きながら考えて、実践していくことになると思います。イギリスの大学院から戻ったあとは、アフリカで農村開発関係の仕事に就くものと想像していましたが、震災を機に、自分の中の優先順位が変わりました。

それでは被災地の中でなぜ福島か?気仙沼大島をはじめとした宮城、岩手の被災地にも関わっていきたいという強い思いは変わりませんが、福島の被災の特殊性(とくに子どものおかれる立場において)に関しては、先の展開が全く見えず、どういった影響が出てくるのかすらまだわからない。その不確かさ、というか得体のしれない不気味さを、今年のGWに福島の各地を回った際に強く感じました。とくにそこで暮らす子供達のことが心配になりました。直接的な放射線の影響のみならず、精神的な影響なども。それゆえに、いまの段階で、ちょっとでもお手伝いできることがあればと考え、子どもの支援に焦点をあてた、福島プログラムに参加させてもらうことになりました。どんな形で子供達をサポートしていくのか、まだ自分でも分からない部分は多いですが、まずは現地に寄り添い、そこに暮らすことから始めたいと思います。 本日8月1日は、大熊町から避難してきている子供たちと地元会津の子達が交流しながら、体を動かせるように、「夏の遊び場プロジェクト」にさっそく参加してきました。子供達は、予想通り、むちゃくちゃ元気で、朝から晩まで走り回って、一緒に遊びまくって、足腰が立たなくなるくらい疲れたけれど、すごく楽しかった。やはり子どもの想像力はすごい。そして、大人が思う以上に、彼らがいろいろなことをよく考えているんだということを感じました。これからも夏休みの間は、しばらく仮設の子供達を巻き込んだ遊びプロジェクトが続くことと思います。福島の現状については、自分としても色々な場所で、きちんと発信したいと思うので、フェイスブック上でもアップしていきたいと思います。

ちなみになぜ会津若松かといえば、諸事情で、そこにSCJの福島事務所が会津若松にあるからです。会津若松、ほんと、いいところですよ。古い町並み、美しき稲穂、そして、何よりも周囲を囲む勇壮な山々。ちょっと松本を思い出します。 まだ家なき子のヤドカリ君継続中ですが、家が見つかったあかつきには、ぜひとも山登りのC0や気仙沼大島遠征の際にでもお立ち寄りください。
http://www.savechildren.or.jp/top/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
新天地、新しいお仕事、いつものように
おもいっきり羽ばたいてがんばってね!!
東北いいとこだよねー。

仙台で待ってるよ!!
うちの事業もよく会津若松お世話になってるよ。
私は福島担当ではないので行けないのだが。
こまっちょ
2012/08/02 09:33
こまっちょ、ありがとね〜
仙台もだいぶ近づいたわ
東北の先輩として、またいろいろ教えてよ。
yuya
2012/08/02 21:31
ご無沙汰しております!本当に素晴らしい行動力ですね。
きっと中村さんのアフリカやイギリスでの体験からもいろんなアイディアが生まれて、今までにないようなプロジェクトが進みそうですね。
少し趣旨は違うかもしれませんが、いつか私も美術を通して子どもたちをサポートできたらいいなと思います。ぜひ今後もプログラムの報告をお願いします^^
kozu
2012/08/05 11:26
Kozu さん
こんにちは!まだ福島については分からないことだらけなんですが、とりあえず毎日子供達と遊びまくっています。プールはいったり、ドッジボールしたり、自分も小学生に戻ったみたいで真っ黒クロスケ。美術を通したワークショップなんかも楽しいだろうね。そちらこそ、面白い話あったら教えてください。子どもって、ほんと素直で、ある意味残酷なところもあるんだけど、可能性に満ちているのはほんとそう思う。もっともっと彼ら彼女らの視点に近づきたいね。
yuya
2012/08/05 17:36
無事の引っ越し、おめでとうございます!東北の記事を今月もその後も作ることになりそうなので、また相談させてくださいませ〜。
8月の取材地は雄勝でした。可愛いモデルを連れて、いってきます☆
Kyoko
2012/08/05 21:43
まだ引越し先が決まってないことが問題だけどね〜。まあ福島に来たときには声かけて。雄勝なんだね。美女モデルを連れてくるときはちゃんと会津によっていくように
yuya
2012/08/07 06:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島へ引越しました  ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる