ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記

アクセスカウンタ

zoom RSS 開花宣言!/Cherry blossoms

<<   作成日時 : 2011/03/26 10:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

春になって、いろいろな動きが出てきた。学内の芝生広場ではなぜか気球があがっていた。
こんな大きな気球を目前で見たのは初めてだ。「カールおじさんの何たら」という
ピクサーの気球映画は、羊頭狗肉の駄作だと思ったけれど(最初の10分だけ評価)
気球にはいつか乗ってみたい。ゆっくりと空にあがっていく様をみているだけで興奮する。
あっという間に遠くへ離れ、点になる。
せめて風船おじさんのようにどこかへ消えてしまわないことを祈る。


気球といえば、石川直樹の「最後の冒険家」を思い出す。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%86%92%E9%99%BA%E5%AE%B6-%E7%9F%B3%E5%B7%9D-%E7%9B%B4%E6%A8%B9/dp/4087814106

気球冒険の第一人者神田道夫さんに弟子入りして、ともに太平洋横断に挑戦した石川直樹のこの本は、空の冒険とは何かということに興味がある人は必読です。神田氏のすさまじい生き様と、その足跡をたどりつつ自らも彷徨する石川直樹のそれぞれの”冒険”。まあ、石川氏は自分の生き様を’冒険’とは言わないでしょうが。世界的なヨットマン白石康次郎さんの「7つの海を越えて」も同様な香りを感じられます。こちらは海ですが。どちらも、自分にとっては印象深い本たちです。

と、気球をボーっとみていたら久しぶりにそんなことを思い出した。どこかへ向かう気球は
最近すっかり縮こまってしまった想像力を刺激するに十分な存在です。

飛んでいく気球を追いかけて、歩いていたら嬉しい光景に出会った。
画像


気球と桜と可憐な花

今まで気がつかなかったけれど、スポーツ施設の横に、ピンクの桜が立ち並んでいた。
しかも、3月のこの時期に既に満開。まさか日本でいえば樺太あたりに(日本じゃないか・・・)
位置するノーリッチで、これほど早く桜が咲くとは。最近の陽気のせいなのか、これが普通なのか、よく分からないけれど、御託はおいておいて、とにかく気分がいい。
道行く人は、誰も桜に見向きもしないけれど、日本人の自分は、もうこの光景を目にして、興奮しないわけがない。「花見だ」「酒だ」「焼き鳥だ!」と小躍りしながら、この景色に見とれていると、知人の中国人女子が通りかかって、「本当に桜が好きなのね・・・」と半ば呆れ気味に、見ていた。

その儚さゆえに、桜を嫌う人もいるけれど、自分はその儚さと、華やかさの何ともいえない共存の妙が大好きだ。
桜が咲くのを見るたびに、生きている自分の限られた時間を再確認して、物悲しくもなるけれど、それ以上に、静かに咲き誇る桜の生命力に魅了される。

有限なる時の中で、いかに自分の命を燃やし、道を切り開いていくか。

ここイギリスでは、春だからといって、新たな旅立ちの季節というわけではないけれど
満開に揺れる桜を見ると、そんな気持ちになる。

やっぱり春の桜は最高だ

どこまでも予感に満ちている

画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わー、とっても綺麗だね!春は、目に映る景色や空気にワクワクさせられるね。日本の四季は、それぞれにオーラがあって、見飽きることがないね。ノーウィッチもそんな感じかな。ぽかぽかして気持ちよさそう。
soyokaze
2011/03/27 11:22
せっかくの春も、昨日今日とまた天気が悪くて、雰囲気台無しなんだけどね笑
イギリスはほんとう、季節がいったり来たりで安定しない。日本の四季はメリハリがあるのがいいよね。特に北海道とか寒い場所はね。青森もそうか。ちなみに今日からサマータイム。名実?ともに夏に向けた準備がはじまります。
yuya
2011/03/27 16:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
開花宣言!/Cherry blossoms ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる