ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨大モンスター 吾妻連峰・西大嶺でスノーシュー登山

<<   作成日時 : 2013/01/17 06:56   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

画像


あけましておめでとうございます。鶴ケ城からこんにちは。
今年もよろしくお願いします。
すっかりブログの更新も滞ってしまい申し訳ないところですが、
今年は会津若松の生活も多少は落ち着いてきたので、定期的に(少なくとも週一回は?)
更新していきたいですね。


先週の連休、猪苗代でガイドをしている知人に誘われ、裏磐梯の西大嶺という山にスノーシューで登ってきました。吾妻連峰の一角を占め、標高約2000mの良峰です。

入山はグランデコスキー場から。朝8時半スキー場に到着し、ゴンドラとリフトを乗り継いで、標高1600mまで。
料金は片道1800円ほど。割高だが仕方ない。

まずは樹林内を標高稼ぐ。汗ばむくらいの陽気。
低気圧の前面で、この季節の裏磐梯にしては珍しい快晴。空がとにかく青い。
画像


地域では有名なスノーシューと山スキーのルートらしいが(2月号の岳人にも掲載されている)それほど先行パーティーもいなそう。気持ちよい新雪を踏みしめていく。

尾根にあがると、隣の西吾妻山が一望できる。すごいパノラマだ。
画像


豪快な裏からの磐梯山もよく見える。左奥には猪苗代湖。このあたりの景観は変化に富んでいて飽きない。
画像


ガイドの知人によると西大嶺は、樹氷の名所で、蔵王には及ばないまでも福島を代表する場所という。
こういった景色を目の当たりにするとうなづける。
画像

樹木に、季節風にあおられた雪がへばりつき、それが発達し、いわゆる「モンスター」となる。
これまで数多の山に登ってはきたけれど、これだけ立派な樹氷は見たことがない。

樹氷だけだと、大きさが実感しづらいが、そこに人が入るとこんな風に見える。
画像


どこか異世界のような、力強く不思議な光景。
樹氷は確かに、見るものを惹きつける。

計2時間ほどで、登頂。山スキーヤーが数人いる。頂上直下にはきれいな純白のバーンがあり、
ここを滑ったら楽しそうだ。

自分達は滑られないので、かわりに、頂上の樹氷帯を散策。
ガスがかかりはじめ、視界は失われるが、それがまた荘厳な景色を生む。


画像


なんとなく、祈る少女の姿がそこに浮かぶよう
心静かに満たされる

樹氷に満足し、帰路に着く。かえりは動物達の足跡を追いながら
あっという間にスキー場まで。コンパクトなルートながら、変化に富み
とても楽しいルート。今度はボードを背負ってすべりに来たいな。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン メガネ
巨大モンスター 吾妻連峰・西大嶺でスノーシュー登山 ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン メガネ
2013/07/06 01:35
プラダ 店舗
巨大モンスター 吾妻連峰・西大嶺でスノーシュー登山 ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 店舗
2013/07/08 03:19
プラダ メンズ
巨大モンスター 吾妻連峰・西大嶺でスノーシュー登山 ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/08 23:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
巨大モンスター 吾妻連峰・西大嶺でスノーシュー登山 ピリカ・アフリカ・ブリタニカ?英国留学珍遊記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる